NOTEは日本人が捨ててきたものを拾い集め、再生する企業です。

一般社団法人ノオト

  • Japanese
  • English

文字の大きさ

  • 小
  • 中
  • 大

着地型ツーリズム支援サービス

[写真]ROOT+NOTE 本物の場所で、いま、ここでしかできない体験を。

NOTEではROOT
社(一般社団法人ROOT)と連携し、「地方」をフィールドに、「暮らし」を主題にしたツーリズム(体験プログラム)を創出します。

ROOTのミッション

その土地が長い時間をかけて育んだ「暮らし」に着目し、(目に見える部分だけではなく)
目に見えない根っこまで掘り下げ探り当てた その「本質」の欠片を、
ツーリズムや体験型プログラムなどへと昇華させ、提供します。

わたしたちはあくまで「支援者」として活動します。
主役は、地域、そのものです。

ROOTの法人概要

当法人は、地域コミュニティが長い時間をかけて育んだ豊かな資源や生活文化を継承しながら、現代にも通じる新たな価値と産業を生み出し、また次世代へとそれら資源や生活文化を遺し伝えることで、地域コミュニティの永続的な集落運営を支援することを目的とします。

会社名 一般社団法人ROOT(ルート)
住所 兵庫県篠山市河原町125番地
役員 代表理事   谷垣友里
代表理事   片平(多賀)深雪
設立 平成25年7月1日
ホームページ http://rootsy.jp/

Rootの語意

  1. 根源、根本、核心、基礎(the~)
  2. 人の民族的・文化的・社会的な起源/土地などとの結びつき(~s)
  3. <豚などが>鼻で地面を掘って(食物を)探す(~ about)
  4. 応援する、励ます(~ for)
  5. 習慣などに根深くしみ込んだ(~ed)

今すぐお問い合わせ

事業

地域資源の調査・研究・普及事業

聴く、集める、(土の下まで)掘り下げる-全てのRootsがここにあります。

地域に暮らす方々が語る貴重な「生活の知恵」、埋もれつつある生活文化「資料」、そしてこの地に集い、一緒に活動/体験してくれた方々の「生の声」を収集・記録し、まとめる事業です。ここで集められた情報が、その他の全ての事業の「基礎(Roots)」となります。

これまでの実績・詳細はこちら

体験型プログラム・ツーリズム事業

本物は手間ひまかけてつくられるー暮らしの営みを守り伝えるツーリズム。

「本物の場所」で、「本物の技」を持つ地域の方々と連携して提供するツーリズム(体験プログラム)を企画創出する事業です。わたしたちは、調査研究で得ら れた知見を元にした、奥行きある企画立案や丁寧なガイドを心がけています。また、連携していただく地域の方々への経済的還元を第一に考え企画実践すること も、大切にしていることのひとつです。合わせて、他地域でツーリズム実践をお考えの方々へのサポートも実施しています。(企画ワークショップの実施、当地での着地型ツーリズムプログラム研修会の実施など)

これまでの実績・詳細はこちら

地域振興・連携事業

篠山という地に根を下ろして、一歩ずつ。

周辺地域の方々が実践している様々なプロジェクトに「仲間入り」させていただき、一緒に活動しています。ある時は拠点施設「ささやまな家」を会場に実施さ れる協働イベントの調整役として、また、ある時は事務局機能を担当して...。「ひとつひとつのプロジェクトの状況に合わせて、価値ある関わり方を」が モットーです。

これまでの実績・詳細はこちら

古民家活用事業

建物の歴史は暮らしとともに。空き古民家に新しい役割を。

活動拠点となっている「ささやまな家」は、兵庫県篠山市の城下町エリア(伝統的建造物群保存地区・河原町妻入商家群)に位置する旧町家でした。市民ボラン ティアの手によって再生され、地域の方により管理されてきたこの古民家。2008年~2010年、地元と観光客の交流拠点・まちづくり交流拠点施設、カフェ「toteyaney(とぅてやに)」とし て運営。その後、ふたたび空き家になっていましたが、2012年5月よりROOTが借り受け、もう一度、子どもから大人まで老若男女が集う地域交流拠点化 を目指して活用/活動しています。主な活用方法として「地域交流型プログラムの実施」「屋内空間と連続性を持つ子どものためのお庭づくり」などを企画実践 中です。

これまでの実績・詳細はこちら

編集・出版・デザイン事業

外の目・新鮮な目で、地域資源を見直し言語化/視覚化します。

調査・研究事業によって集めた情報を編集し、発行・出版する事業です。「地域の人の声を集めた観光ガイドブック」の企画編集・デザインや、「読み物になる調査研究報告書」の作成など。篠山地域だけに限定しない、他地域からの ご要望にもお応えします。編集・出版に関しては、ROOTが中心となり声かけした編集チーム(デザイナー、ライター、フォトグラファーなどとの外部のプロ とタッグを組みます)で支援することも可能ですし、地域におられる「やる気」と「技術」のある方とのコラボレートももちろん可能です。柔軟に対応します。

これまでの実績・詳細はこちら

今すぐお問い合わせ

PAGE TOP