NOTEは日本人が捨ててきたものを拾い集め、再生する企業です。

NOTE|一般社団法人ノオト

  • Japanese
  • English

文字の大きさ

  • 小
  • 中
  • 大

活動報告

2012 篠山市歴史文化基本構想推進事業委託業務

実績報告書

2011年10月~2012年3月
 
概要
 
篠山市は文化庁の文化財総合的把握モデル事業により、平成22年に篠山市歴史文化基本構想を策定。この歴史文化基本構想に基づき、市民と行政、専門家などが連携して歴史文化を活かしたまちづくりに取り組んでいる。
その一環として、篠山歴史文化基本構想を踏まえ、篠山市内に存在する未指定も含めた文化財を広く「歴史文化まちづくり資産」と捉え、それらを調査、保存、活用化し地域の活性化を図る。
今年度は
・歴史文化を活かしたまちづくりの担い手の育成
・新たな「歴史文化まちづくり資産」の発掘と調査
・文化財の啓発と周知
・その他関連事業の継続
などのテーマを具体的に展開する業務に取り組んだ。
 
 
事業報告
 
・歴史文化を活かしたまちづくりの担い手の育成
 
子ども向け「ふるさと歴史文化発見講座」企画・運営
 
次世代のまちづくりの担い手を育成するふるさと文化財教室の開催。
市内の歴史・文化施設を舞台として、篠山の秘められた歴史を探り、知らなかったふるさとを再発見するきっかけづくりとする。
 
【開催概要 】
市内小学校4~6年生の児童を対象として毎回20人を募集。
会場ごとにテーマを決めクイズ形式のゼミナールシートを作成し、歴史施設を実際に歩きながら謎を解いていくスタイルで実施。篠山の歴史や文化を、その場所に立ち、自分の目で見て学ぶ機会づくりとなった。
 
歴文 セミナ.jpg
 
【内容】
第一回:平成24年2月4日(土) 講座配布資料
内容 篠山城-すみからすみまで謎解き探検
会場 篠山城大書院&篠山城跡
 
第二回:平成24年2月18日(土) 講座配布資料
内容 サムライの生活-不思議をチェック
会場 青山歴史村・武家屋敷安間家史料館
 
第三回:平成24年3月10日(土) 講座配布資料
内容 篠山の宝物-不思議と謎がいっぱい
会場 篠山市立歴史美術館
 
歴文 セミナ歴美.jpg
 
 
・文化財の啓発と周知
 
「八上戦国ウォーク」 企画・運営
 
ふるさとの歴史や文化を学ぶ「歴史学習」のひとつとして、地元八上小学校六年生の男女生徒とPTAの皆さんを中心に、まちづくり協議会の協力も得て八上城主波多野氏時代の戦国合戦を再現。併せて、一般参加者を募って八上城歴史登山を開催、八上城跡山上の本丸において模擬合戦の練習成果を発表。
 
【内容】
・告知用ポスター、チラシの作成、配布
・イベントシナリオ作成サポート
・模擬合戦段ボール甲冑製作サポート
・イベント管理
・ノボリやカンバン・レジュメなどイベントに必要な物品の制作・準備
・関係各位との調整
・模擬合戦を盛り上げる重要な小道具として段ボール甲冑づくり
小学生の手づくりを前提とした甲冑の制作下準備と型紙・見本の作成
 
歴文 八上.jpg
 
 
・その他
 
「丹波篠山ひなまつり」運営サポート
 
市内の旧家や歴史施設に伝来したひな人形を、市内各所で一斉に飾って地域をもりあげよとする事業。歴史施設四館をはじめとして、江戸時代の名残りを残した城下町、旧街道沿いの宿場町、自然豊かな農村集落、六古窯の一つ丹波立杭の里など市内各所で開催しました。
 
歴文 雛祭り.jpg
 
【内容】
・市内各所の雛祭り会場 取材写真
・各会場の雛飾りを撮影、記録としてファイリング
 
 
歴史文化調査研究・記録作成事業
 
有識者の監修を受けながら丹波焼の現状把握と諸史料群の整理および窯跡調査を実施、次ステップへの資料化を行った。
 
歴文 窯調査.jpg
 
【内容】
1)丹波焼関連資料の調査・報告書作成
  出版物のカテゴリ化と内容のサマリ紹介、蔵書先の把握
2)丹波焼古窯跡33ヶ所現況調査・報告書作成
 古窯跡の現状調査と記録(写真撮影)
 
 

PAGE TOP