NOTEは日本人が捨ててきたものを拾い集め、再生する企業です。

NOTE|一般社団法人ノオト

  • Japanese
  • English

文字の大きさ

  • 小
  • 中
  • 大

活動報告

2012 地域商業活性化事業

福住桂家プロジェクト 事業報告

 
1.  背  景
 
 その昔、宿場町として栄えた篠山の福住地区。平成24年中には伝統的建造物群保存地区指定を受ける予定であり、篠山では城下町地区と並ぶ歴史的景観資源を有する重要な地域である。本プロジェクトの舞台となる桂家は、江戸時代末期に建築されたもので、母屋、離れ、土蔵などが往時の趣を停めている。
 
2.  事業の目的
 
 所有者から市を通じて建物を借り受け、一般社団法人ノオトが主体となって改修工事を行ったうえで、地場レストラン、鹿肉の加工・販売や料理教室など、食を通じた地域の交流拠点として活用する。
 
3.  事業の内容
 
 兵庫県「地域の夢推進事業」と「篠山市空き家活用事業」によって物件の改修工事を行い、本事業の申請者である一般社団法人ノオトが開業者と協働し、地域における都市農村交流施設及び地域活性化施設として活用する。
 
 
桂家(改修前)
 
桂家 前.jpg
 
 
 
桂家(改修後)
 
桂家 後1.jpg
 
桂家 後2.jpg 桂家 後3.jpg
 
 
4.  再生物件の概要
 
名称 : 桂邸
所在地: 兵庫県篠山市福住656-3
築年数: 約150年
事業者: 兼井昌二 + 一般社団法人ノオト
事業費: 2,400万円
運営 : 建物所有者桂氏、篠山市、一般社団法人ノオトが3者協定を締結し、
     建物をノオトに貸与。
     事業者(兼井氏+ノオト)は建物を改修。
     *地場レストラン(イタリア家庭料理)
     *鹿肉ハム等の加工販売
     *イベント、ワークショップ(料理教室・特産づくり)
     土地建物の固定資産税相当額は事業者が負担。
公的支援:①地域の夢推進事業(兵庫県丹波県民局)
     (補助対象額)建物改修費:1,400万円
     (補助金)兵庫県700万円・篠山市350万円・事業者350万円 
     ②NPO等による文化財建造物の管理活用事業(文化庁)
     (補助対象額)管理活用手法の検討:約200万円
     (補助金)文化庁:約200万円 

 

PAGE TOP