NOTEは日本人が捨ててきたものを拾い集め、再生する企業です。

一般社団法人ノオト

  • Japanese
  • English

文字の大きさ

  • 小
  • 中
  • 大

主な実績

古民家再生

NOTEでは4年間の間に50棟以上もの古民家再生・活用を行ってきました。
一般的には古民家の不動産価値が0円という現実に対して、新たな価値が存在する事を実績をもって証明してきました。

集落丸山

集落内の3棟の古民家を再生して、日本の暮らしを体験できるオーベルジュにリノベーション。
NPO法人集落丸山と一般社団法人ノオトがLLP(有限責任事業組合)を設立して、限界集落のリノベーションに挑戦しています。

KITA’Sギャラリー

解体目前の町屋(空き店舗)をギャラリー&カフェにリノベーション。
世界的デザイナー喜多俊之氏が日本各地の伝統工芸作家を招いてセミナーを開催・合わせて、コラボレーション作品を展示販売しています。

ささらい

旧城東町の商店街(中心市街地)に位置する古民家(庄屋)をリノベーション・交流施設&特産創造施設として、 「芦屋ぷりん・とあっせ」が出店・ チャレンジショップが2棟あります。

暮らしのツーリズム

「暮らしのツーリズム」の言葉のとおり、過疎化が進む、山田舎でも「暮らし文化」だけでも、十分に人を魅了する事のできる観光資源になる事を証明してきました。

えこりん(レンタサイクル)

一般社団法人ノオトでは、平成21年8月~12月、中央復建コンサルタンツ株式会社などと連携して、レンタサイクルを中心とした社会実験「丹波篠山えこりんプロジェクト」を実施しました。
低炭素社会の実現や観光振興を図るもので、平成22年4月からの本格運行を目指しています。

まち歩きマップ

この町には探してでもふれて欲しい風景や素材がたくさんかくれています。町家や古民家のカフェやギャラリー、雑貨店こだわりの料理を出すお店、有名なお店から隠れ家のようなお店。そんなスポットを集めた宝探しのようなマップを作ってみました。

ささらい

旧城東町の商店街(中心市街地)に位置する古民家(庄屋)をリノベーション・交流施設&特産創造施設として、 「芦屋ぷりん・とあっせ」が出店・ チャレンジショップが2棟あります。

スローフード

我々の行うスローフードは「食」だけではなく、その土地に存在する「文化・伝統」を含めた食であるとし、耕作放棄地の改善から就農支援、そして、それを料理・加工しネットワーク化させる事業をトータル的にサポートしてきました。

Japan Food Design

“ホンモノ”を創ることを決してあきらめない人々の想いを一つひとつ集め、一途な彼らがまさに血と汗と涙の結晶で創った「おいしくて安全」な”ホンモノ” 商品で、この国の未来を創りたい。JAPAN FOOD DESIGNは、そんな願いから生まれた「食」のプロジェクトです。

ひわの蔵

身体に優しい野菜作りとフランス料理。ジャン・ムーラン、ジャンティ・オジェを経て、高柳好徳が丹波篠山から小さなメッセージをお贈りします。

小多田の家

小多田生産組合が就農希望者を受け入れるための滞在施設。集落内の空き農家をリノベーションして2013年4月にオープンしました。屋根に葺いたトタンを外して茅葺き屋根に戻すことで往時の田園風景を再現。茅場の再生、屋根の手入れ、茅のリサイクルなどを通じて「農」の暮らしと心構えが体感できる設えとしています。

地域ICT

「田舎でも通用するITとは何か?」を考えて、地方地域で必要とされるICT基盤プラットフォームを提供してきました。

ふるさとポイント

古民家再生ボランティアに参加したり、体験ワークショップに参加したり、特産ブランドの農産物を購入したり、「人と里山大作戦」に参加することで「ふるさとポイント」を蓄えることができます。ただし、蓄えたポイントをあなたが使うことはできません。その代わりに地域貢献に使われるので、ふるさとでは、人がますます元気になり、里山がどんどん美しくなっていきます。「ふるさとポイント」を通じて、是非、私たちの里山の住人になってください。

里山クラウド

クラウド型のICT【情報通信技術】やライブカメラ等による農産物の管理によって、都会にいながら本物の産直食材が、より安心・安全に、かつスピーディーに手に入ります。それは、お客様と生産者がつながることで、「もっと」おいしいが生まれるサイクルです。この仕組みを、「里山クラウド」と名付けました。

PAGE TOP