NOTEは日本人が捨ててきたものを拾い集め、再生する企業です。

NOTE|一般社団法人ノオト

  • Japanese
  • English

文字の大きさ

  • 小
  • 中
  • 大

活動報告

消費地・岡本商店街と生産地・篠山農産地域がコラボ

 消費地・岡本商店街と生産地・篠山農産地域がコラボ

「篠山のめぐみ、岡本の口福(こうふく)」
ブランド立ち上げ!
 
生産地と消費地がタッグを組むことで旨いものが生まれる
 
神戸市東灘区に位置する岡本商店街では、この度、篠山市とコラボし、オリジナル商品開発を行うことになりました。今回のプロジェクトは、消費地と生産地が協力しあって加工商品を新たに開発し、岡本商店街振興組合に加盟しているショップで販売、もしくは商品利用するのが目的。これまで地域商品の開発は生産地独自で、または消費地独自で行っていたのが主流でしたが、本プロジェクトのように生産地と消費地がタッグを組み、共同で商品づくりを行うことで、両者の立ち位置から「今、何が必要なのか?」「安心・安全と呼べる商品を出せるのか?」といったことを確かめながら商品作りを実施することが可能になります。そのため生産地側は消費者の目線が得られ、片や消費地側は良質の素材が入手できるというメリットが生じます。
本プロジェクトにはそんな多くの決め事はありません。篠山市内で収穫された農作物を生産地側で吟味し、岡本へ送り、それをオリジナル商品として加工し、岡本商店街内のプロジェクト加盟店で販売、もしくは利用すること。この単純な仕組みをクリアすればいいのです。農作物の育成と吟味は篠山側が担い、それをもとに加工し、販売するのは岡本側が担当します。ただ、文化レベルが高く、グルメな人たちが多い岡本では、"それなり"のモノでは売れません。素材感があり、味わって美味しいモノを造ってこそ、岡本の消費者に初めて受け入れられるのです。そのためには名のあるシェフやプロデューサー、コンフィチュリエなどの専門職の人達をブレーンとして参加させ、岡本商店街の面々と討議や試作を重ねながら「コレは!」というものを造りあげることが必要です。その結果、誕生したのが12月1日発売の「岡本コンフィチュール」であり、来春発売予定の「ハッタリソース」なのです。いずれの商品もバックに篠山という恵みの地があるので、顔の見える安心・安全なものに。しかも大地で育まれた農作物の素材感がきちんと味に反映しているものばかりです。岡本商店街では、これらを「篠山のめぐみ、岡本の口福(こうふく)」という名でブランド化し、これを皮きりに数々のグルメな品を世に出していく予定です。この共通商品のみならず、岡本商店街の各ショップでは、篠山から仕入れた食材をもとに、各店がオリジナルメニューやオリジナル商品を作り、店舗ごとに販売します。この機会にぜひ岡本商店街へ立ち寄っていただき、篠山のめぐみを味わってみてください。
 
 
全体.png
 
 
岡本商店街振興組合
一般社団法人ノオト

PAGE TOP