NOTEは日本人が捨ててきたものを拾い集め、再生する企業です。

NOTE|一般社団法人ノオト

  • Japanese
  • English

文字の大きさ

  • 小
  • 中
  • 大

活動報告

「NOTEの全容がわかる」コロカル連載記事

昨年コロカルの特集記事でNOTEの連載を行いました。
NOTEのほとんどのメンバーが月替わりで連載しているので、ノオトの全容を把握できる内容となっております。
よろしければ是非、ご一読ください。



古民家から考える地域の未来一般社団法人ノオト vol.1

みなさんはじめまして。一般社団法人ノオトの星野新治と申します。私たちは、兵庫県の丹波篠山を拠点に、古民家の再生活用と古民家を入口とした地域づくり事業や中間支援な...

集落丸山が教えてくれたこと 一般社団法人ノオトvol.2

みなさん、こんにちは。一般社団法人ノオト代表の金野(きんの)です。弊社はどうやらフラットな組織のようで、入社したばかりの担当者から、連載第2回目を執筆するよう指...

再生された元酒蔵で生まれた、たくさんの縁 一般社団法人ノオト vol.3

日本100名城のひとつで、雲海の上にそびえ立つ光景から、近年「天空の城」、「東洋のマチュピチュ」などと紹介され、全国的にもその名前が知れ渡った「竹田城跡」の麓、...

歴史ある銀行建築の再生から始まった、新しい地域づくり/一般社団法人ノオト vol.4

みなさん、こんにちは。一般社団法人ノオトの星野新治です。vol.1に引き続いて担当します。今回は兵庫県豊岡市の中心市街地を舞台として、歴史的建築物の再生から動き...

投資ファンドで実現する 古民家再生の未来(その1) 一般社団法人ノオト vol.5

みなさん、こんにちは。一般社団法人ノオト理事 兼 株式会社NOTEリノベーション&デザイン代表取締役の藤原です。本シリーズ5回目となり、連載の中盤ということもあ...

投資ファンドで実現する 古民家再生の未来(その2)一般社団法人ノオト vol.6

みなさん、こんにちは。一般社団法人ノオト理事 兼 株式会社NOTEリノベーション&デザイン代表取締役の藤原(ふじわら)です。株式会社NOTEリノベーション&デザ...

複数の古民家をひとつのホテルに再生。城下町篠山の歴史をつなぐ新しいかたちとは。一般社団法人ノオトvol.7

ノオトがこの連載を始めて7回目になります。ついに順番が回ってきてしまいました。一般社団法人ノオト理事の伊藤と申します。当初の予定では、出番はまだ先のはずだったの...

過疎の集落も城下町も、再生のカギは空き家とヨソ者?一般社団法人ノオトvol.8

皆さん、こんにちは。ノオト代表の金野(きんの)です。前回は、理事で事務局長の伊藤が、〈篠山城下町ホテルNIPPONIA〉にまつわる物語を紹介しました。ファンドな...

参加者は延べ3000人。 市民の力で守ってきた、もうひとつの古民家再生とは。 一般社団法人ノオト vol.9

ノオトの連載も第9回目を迎えました。今回は、前回の記事でも取り上げた、〈NPO法人 町なみ屋なみ研究所(通称"町屋研")〉の理事長である酒井宏一さんに執筆をお願...

昔の佇まいに戻すだけ? 古民家改修のすすめ。一般社団法人ノオト vol.10

才本さんは、一般社団法人ノオトのメンバーであるとともに、篠山を本拠とする才本建築事務所の代表として、空き家などの数多くの古民家再生を実施してきた、古民家再生の第...

空き家と人のマッチングはどうしてるの?一般社団法人ノオト vol.11

過去7年間、篠山で50棟近い空き家改修に関わってきた一般社団法人ノオト。これまで空き家とまち、空き家と人、そしてまち同士の結びつき方はどのように行ってきたのか。...

古民家活用でわかったこと。リノベの未来、この国の未来。一般社団法人ノオト vol.12

一般社団法人ノオトの連載の最終回は、古民家のリノベーションの意義と日本社会に果たす役割をについて。古民家リノベーションのようなマイナーな領域が、政府の方針となる...

PAGE TOP